Subscribe to RSS Feed ログイン

銀河の星屑

Sunday
2014年4月20日

自賠責の名義変更

自賠責は、車やバイクを行動で走らせるには必ず必要になります。
交通事故が発生した場合、被害者への保障が最大の目的となります。
自賠責保険があれば、損害賠償金を受け取ることができるので、被害者へ最低限の保障をすることができます。
また、保障を考えるなら、自賠責だけでは賄いきれないことが多いので、たいていの場合には任意保険に加入するということになります。

車やバイクを販売店などで購入する場合には、諸費用という形で、自賠責に加入することになると思います。
自賠責は強制保険とも言われているように、必ず加入しなければなりません。
なので、販売店から通常の手続きで車やバイクを購入するときにはそんなに自賠責に関して神経を注がないと思います。 続きを読む »

コメントは受け付けていません。続きを読む

うつぶせ寝がいびきの対策

いびきの対策で、うつぶせ寝健康法というものがあります。
実は、うつぶせ寝がいびきの対策にいいということなのです。

う~ん…。
いびきに有効なのは横向きに寝ることではないの?
と疑問を感じる人もいるかもしれません。

もちろん横向きに寝ることはいびきの対策に有効なのですが、横向きに寝てからしばらくすると結局仰向けになってしまうので、あまり効果あがないという人もいます。
それならば始めからうつぶせで寝てしまえというのが、うつぶせ寝健康法なのです。
うつぶせで寝ると、舌が歯の方に落ちるので、気道が塞がる心配がないですね。
なのでいびきをかきにくくなるというのです。

うつぶせ寝は、ちょっと前に息ができなくなってしまうということを言われましたよね。
そんな心配には、うつぶせ寝枕を使用するといいでしょう。

うつぶせ寝の危険についてはこちらを参考にしてください。

うつぶせ寝によるいびきの軽減効果には個人差があるようなので、自分に合っていないと思ったら改善するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。続きを読む

赤ちゃんの安眠を守る

いびきのなかでも、あまりひどいいびきは、同居の家族などの睡眠障害を引き起こすほどのものです。
周りの人に迷惑をかけるいびきですが、いびきは本人にも悪い影響を与えますので、症状がみられるならば、いち早く改善させることが必要です。

大人でもそうなのですが、赤ちゃんのいびきも困りものですね。
赤ちゃんや子供は、すやすやと眠っているというイメージないですか?
すやすやと眠るのが普通ですが、約10%くらいの赤ちゃんや子供がいびきをかくといわれています。
赤ちゃんは、口で息ができなく、鼻も狭いのでいびきをかきやすいのだそうです。
いびきは赤ちゃんにとってごく自然のことといえます。
ごく自然なことと言っても、赤ちゃんや子供がいびきをかいているときには注意が必要です。
寝息程度のものならば、何の心配も要りませんが、激しいいびきをかくようなら心配です。
悪い場合には、心臓に負担がかかってしまったり、呼吸が困難になってしまったりすることもあるようです。

うつぶせ寝は、ちょっと前に息ができなくなってしまうということを言われましたよね。
そんな心配には、うつぶせ寝枕を使用するといいでしょう。

赤ちゃんの安眠を守るために、こんな本も参考になりますよ。
◆赤ちゃんが朝までぐっすり眠る方法

赤ちゃんや子供のいびきが心配なら、小児科や耳鼻咽喉科などで相談しましょう。

コメントは受け付けていません。続きを読む